”かわいい”の正体は”無駄”

posted in: Brand | 0

デザインとは、お洒落とは、かわいいとは、一体何でしょうか。

私は学生時代はパターンの専攻だった為、デザインは少ししか学んでいません。

正直のところ、デザインの本質は理解していないかもしれません。

しかし、企業デザイナーの経験から、店頭で商品がかわいく見える仕組みは知っています。

“かわいい”の正体

“かわいい”は”無駄”です。

無駄とは、意味がないと言うことです。

私は原宿系や奇抜なファッションが好きなのですが、それらのファッションは無駄しかありません。

  • 大きいリボンが付いている
  • スカートがパニエで膨らんでいる
  • パンツにポケットではないファスナーが付いている

これらは全て無駄です。

原宿系のファッションでなくても全く同じです。

普通のジャストサイズのTシャツと、身幅が広くドロップショルダーになったTシャツでは、どちらがかわいいでしょうか?

しかし身幅が広い必要はないし、ドロップショルダーである必要もありません。

布の用尺が増えますし、コストも掛かって無駄ですよね。

“かわいい”に気づいた瞬間

ある日、当時小学生の姪とマシュマロを食べていました。

そのマシュマロは白いマシュマロではありませんでした。

ベビーピンク色で、ロープのようにねじれていました。

それがめちゃくちゃ可愛くて、

「このマシュマロ可愛いね」

と姪に話しかけると、姪は当たり前のように

ただピンク色なだけやで?

と、そう言うのです。

白い普通のマシュマロと、このベビーピンクのロープのようなマシュマロ。

前者と後者を比べるとほとんどの人が、後者をかわいいと感じると思います。

“普通”に少しだけ”無駄”をプラスする

白いマシュマロは普通だと思います。

色は白のままでも、ロープのようにねじれていたらかわいいと感じると思います。

形がそのままで、色がベビーピンク、ベビーブルーになっていても、かわいいと感じると思います。

“普通”に”無駄な何かをプラス”する。

プラスするのは必ず”無駄”でなければいけません。

実用的だったり必要なもの、機能的なものはかわいいにはならず、「使いやすい」になります。

なぜか人はその使いやすいデザインにはかわいいを感じません。

続きを読む>